製作事例

  
                

宅配ロッカーの抜き・曲げ工程(三和工場)

※サムネイルをクリックして他のイメージをご覧いただけます。

荷受けの方の不在により運送会社のドライバー不足が問題視される中、無人で荷物の受け渡しが可能な宅配BOXの需要が高まっております。弊社では以前より某メーカー様の宅配ボックスの筐体や扉等、板金加工のお手伝いをさせて頂いております。
抜き工程ではレーザーとタレパンの複合機を活用し、曲げ工程では外段取りのネットワークベンダー2台を使用し加工分解を行う事によって生産性を高めております。

材質 スチール(SECC)
ロット 30台程度
お客様業種 建築金物メーカー様
特長

中ロット程度の筐体や部品を効率よく生産できるように機械稼働率向上の実現、サイズによる人員配置の工夫をしております。