製作事例

  
                

大型ロッカーのタテ窯塗装風景

※サムネイルをクリックして他のイメージをご覧いただけます。

塗装ラインに吊って流すことができない大きな筐体(着替えロッカーや自動販売機等)は職人が吹きつけ塗装したあとにタテ窯で焼付するようにしています。剥離等の不良を起こさぬよう、十分に脱脂をした後で、吹きつけ工程に入ります。ライン塗装とのバランス保持が大切で、現在は複数メンバーが対応できるよう、社内でトレーニングを行っています。またライン塗装製品との色味を合わせるこうも入念に行うように取り組んでいます。