ホーム 保有技術 生産設備 会社案内 共同開発事業 試作開発事業
保有技術
生産設備
会社案内
共同開発事業
試作開発事業
 
関連サイト
仁張工作所
ロッカー・オフィス家具のオーダーメイド
スチール家具工房
スチール家具
貴重品ロッカー N-forme
貴重品ロッカー
ロッカー FactoryBrand
  N-model
ロッカー
楽天市場店ロッカークラフト
ロッカークラフト
暗証番号式 N-locker
陳列棚 Modea -モディア-
スチールデスク
スチール家具工房Yahoo!店
精密板金
 
共同開発事業 試作開発事業
当社は、汎用性の高い“薄板精密板金加工”を最も得意としています。図面に基づいた 加工にとどまらず、より合理的な“つくりかた”のご提案もさせて頂きます。 共同開発事業
製品の特徴・求められる機能・デザイン等をお教え下さい。仁張では図面作成段階から製品の実現に向けてのお手伝いをさせて頂くことが可能です。 試作開発事業

■全国対応致します。首都圏のお客様より多数開発パートナーとしてお選び頂いております。

  精密板金加工パートナーとしての仁張工作所
 
会社案内

会社案内
あらゆる産業機械・装置の筺体・部品加工で必須要素技術が箱物板金加工技術です。しかしながら板金加工技術は基盤技術であるものの、ほとんどのメーカー様にとってそれ自体が商品価値を持つものではなく「器」とか「化粧・保護するもの」に過ぎません。 弊社では昭和39年の創業以来、スチール家具の製造のほか、箱物板金加工のノウハウを蓄積してまいりました。当社は板金設計からNCT/レーザー、プレスブレーキによる板金機械加工、溶接、塗装、仕上加工と一貫生産対応できる設備を自社で保有し、メーカー様のお役に立てるサプライヤーとして『板金加工の専門家集団』であることを事業の一つの柱としています。是非とも当社を板金加工のサプライヤーとしてご検討いただきますようお願い申し上げます。

保有技術

保有技術
ISO9001:2000に基づく設計・開発管理体制化により、要求仕様の確認・検討・設計計画及び種々の検証活動を通して、製品の品質を確認し満足して頂ける製品でお応えします。

設備

設備
仁張では『機械の能力を最大限活かす』という考えのもと、各種加工機の稼働率UP に取組んでいます。また各工程を有機的にリンクさせることによって生産性の向上にも努力しています。

  仁張工作所のこだわり
 
仁張工作所が得意とする板金加工、中でもスチールやステンレスの薄鋼鈑を主材料とする精密板金加工の用途は、非常に広範囲に及びます。 産業機械の筐体や構成部品、建築物の構成部材、家具や什器類、その他多方面において、機能・デザイン・強度等その目的は様々なカタチで 選択されています。言いかえれば、現代社会において板金加工は、いわゆる普遍的かつ必要不可欠なものであり、これからの未来においてもそうであると 言えます。
仁張工作所はこの分野を生業とし、この分野で社会に貢献してきましたし、これから先もそうでありたい、と考えます。 その為にも、“常に新しい板金加工技術について積極的に学び、自分達のものとし、共有化することによって、技術レベルの高い信頼される会社”を 目指していきます。
  主な取得認証・特長
 
  • ISO9001認証取得(2000年)
  • エコアクション21認証取得(2004年)
  • コンカレントエンジニアリング対応
  • 3次元CAD(Solid Works)対応
  • ヤンマー品質管理優良工場認定
  • 東大阪市優良企業認定(2005年)
  保有技術
 
一貫生産体制によりQCD達成を目指す
優れた金属加工技術による満足度の高い完成度。私達は高度な技術を軸に、製品の企画・デザイン、設計、製作(加工)、塗装、組立、梱包、配送にいたるまでを一貫して行うトータルメーカーです。スチール・ステンレス製品のことなら何なりとご相談ください。工場内の充実した一貫生産体制により、納期面での強みを持つほか高度な品質管理で、より良い製品をリーズナブルな価格でお届けいたします。
  仁張工作所が考えるお客様志向
 

ニンバリの長所をより強化していくため、今後の方向性として、“製造リードタイムの短縮(短納期化)”と“小ロットかつタイムリーなご提供(納品)”を目指していきます。例えば、メーカーさまへの“欲しい時に欲しいだけ”の納品をさせていただくことによって、仮に板金部品の単価が上がったとしてもトータルコストとしてのメリットを演出していくことが可能であると考えます。

ご依頼時に生産スケジュール等を細かくヒアリングさせていただき、必要部材を納入スケジュール通りに供給させていただくようにします。また一回の生産量(ロット)についても、お客様の納入希望スケジュールをお聞かせいただいた上で、“どのような部材生産スケジュールや手配が必要か”を逆算してシミュレーションしていきます。

これができるのは、ニンバリの一元化された“生産管理システム”によるものです。 これは、一般的な生産管理システムを板金加工用システムとして大きくカスタマイズしたものであり、2005年に導入、2006年からは本格稼動しています。本社工場・三和工場を含めた全社的なネットワークにより、各工程が有機的にリンクし、工程間のロスタイムが極めて小さくなりました。このシステム導入により、従来の約20%の生産性の向上、ならびに25%のリードタイムの短縮が可能となりました。

今後も練磨していくことによって、さらなる改善に努力していきます。

  板金加工Q&A よくある質問 (最新の5件)