組織体制

  

仁張工作所はトータルメーカーとして、営業・設計・資材・製造の各組織が有機的にリンク。
各部署の組織としての取り組みと全社的なつながりをご紹介いたします。

組織図1 組織図2 組織図3
塗装工程
塗装工程
本社工場内に塗装設備を有することが大きな強みです。小物に適したライン塗装の他、大きな筐体等については立てカマ乾燥炉で焼付けを行っています。
技術課
技術課
10名規模のメンバーで3D設計・2D設計ともにスピーディかつフレキシブルに対応いたします。過去の板金設計ノウハウも豊富であり、様々な業界の板金に精通しているところが強みです。
仕上グループ本社作業場
仕上グループ本社作業場
3Fの塗装場から下りてくる製品について、より動線を短くする目的で、本社2Fにも仕上スペースを設けています。重量物・即日出荷・包装のみの部品等はこちらで仕上作業をしています。
組立グループ
組立グループ
前工程の機械、後工程の塗装とスムーズな流れを作るべく、本社2Fフロアを溶接組立作業場としています。約15人のメンバーが製品毎にチーム編成をアレンジしながら、加工最適化を図ります。
資材倉庫
資材倉庫
製造管理課配当部隊のホームポジション。生産管理システムを駆使しながら各部署への配当業務を行います。溶接部品や特殊加工品、ネジ1本に至るまで細かな管理を行っています。
機械グループ
機械グループ
本社1Fフロアは、1枚の鋼板で加工できるところまでを担当しています。切断、穴あけ、切欠き、折り曲げまで、莫大な点数の板金部品を最新設備群が作り上げていきます。