よくある質問

  

納期について教えてください。

①試作納期について
設計の時間(工数)が最も時間を必要とします。ご依頼いただいても即座に取り掛かれない場合もあり、おおよそ完成するまでに、部品レベルで10日~2週間程度、ロッカー等の完成品で、3~4週間程度ではないかと考えます。 (ご要求仕様の難易度の程度によって、期間が前後する場合があります) 通常、お客様の要求仕様(ニーズ)を当社で図面化し、それをご承認頂いた後に、実際の製作に移らせていただきます。

②量産納期について
試作に比べ、設計時間が必要でないため、短縮化できる場合が多いです。物にもよりますが、通常のロッカー・キャビネット 等の場合、50台程度までを1回の生産(ロット)で行います。部材の確保に10日~2週間、実際の製作に1週間プラスα(トータル期間として 約3~4週間)の期間を擁するのが現状もっとも多いパターンです

記事URL

保管場所が無いので分納は可能ですか。

当社に多少の完成品保管スペースは有りますが、基本的に製作ロットと納入ロットを同じになるように小さくして、ご要望に応えるようにしています。その場合においても、文書等で確かな必要数量・スケジュールをお聞かせ頂くことは、コスト面でのご協力をする上でとても ありがたいです。部材手配や生産スケジュールに落とし込み、コストダウンに繋げていくよう取り組みます。

記事URL

生産数量(ロット)について教えてください。

生産の最低数量(単位)は1個です。最大数量は特に指定はありませんが、しいて境界線をいうなら、大型プレス加工をするような、 例えば1000台単位以上での筐体生産等になると、当社で加工するメリットは無いと考えます。例えば、500台のロッカーのご依頼が あった場合には、50~100台ロットの生産を何回か繰り返すような製作方法を取るケースが多いです。

記事URL

生産可能な製品の大きさの制限はありますか。

生産可能な製品の最大の大きさは、W2200×D1500×H2300程度です。これは、機械設備が4'×8'材(4尺8尺材)対応のものであること、塗装設備の立てカマの大きさの制限によること、そして何よりも、本社工場の各階搬送用のエレベーターの広さ(容積)によるところからくる 制限です。

記事URL

製作を依頼したい製品(部品)の図面があるが、図面データの受渡しはどのようにすればいいですか。

現在、設計用に使用しているCADは、3次元CAD『Solid-works』ならびに2次元CAD『EXPART-CAD』です。一般的なデータ受け渡しが可能な DXFファイルデータをEメールに添付して送信して頂く方法が、最も多いですが、その際にデータ量が多く送信に時間がかかるときは 圧縮ソフトで圧縮してお送りしていただけると助かります。
それ以外にUSBやCD等の媒体でデータを頂くことも可能です。

記事URL

東大阪の本社以外に営業所等はありませんか。営業の方に訪問してもらいたいのですが。

あいにく本社以外の場所に営業所等は、現在のところ有しておりません。お客様のご住所にもよりますが、基本的に電話や電子メール等でのやり取りの後、必要に応じてお伺いさせて頂く場合も多々あります。お気軽にご相談ください。

記事URL

板金加工の中でも、特に得意な分野はありますか。

板金加工とひとことでいっても、大きくは3つくらいの分野に分かれると思います。
1つめは、機械・産業機器等を構成する"精密板金の分野"。この場合お客様から細かい板金図面をいただき、それに基づいて忠実に板金部品を製作・提供することが多いです。
2つめは、いわゆる"スチール家具や箱物板金・筐体板金といった分野"。この場合、お客様のイメージや用途(目的)等に基づいた完成品を製作・提供することが多く、板金だけでなく目的(求められる機能)に応じた付属品がつく場合も多々あります。
そして3つめは、"建築板金の分野"です。ことばの通り、建築物を構成する部材として、スチールやステンレス材は、最もポピュラーな 部材として採用されています。当社では、それらの分野すべてにおいて、数多くの実績とノウハウを有しています。 しかし、その中でも"精密板金の分野"ならびに"スチール家具・箱物板金の分野"を得意としています。

記事URL

板金以外の加工も可能ですか。

専門の薄板板金加工以外では、主材料としてアングル材やパイプ材の穴あけ、溶接加工等を得意としています。材料がスチール・ステンレス と共通であり、加工機械についてもNCやプレス、溶接加工と、分野の共通性が広範囲に及ぶことがその理由です。ひとつの完成品を作り上げるために、板金加工とアングルやパイプ加工は、両方が必要な場合が多いことも、その理由の一つです。一方で、板金を主材料とする完成品を製作するにあたり、それ以外の多岐にわたる分野の部品手配、外注加工を請け負うことも可能です。 例えば、デスクの天板等、木製品との融合、取手・ラッチ等の樹脂部品、錠前・レール等の金物、キャスター・緩衝材といったゴム製品やスポンジ類、 窓としてのガラスやアクリル等樹脂部品について、当社は数多くの委託供給先様(協力業者様)と取り引きをしております。照明等電気関係の組み込みについても、ご相談に応じることが可能です。

記事URL

実物(サンプルのみ・図面無し)だけで製作は可能ですか。

実物にもよりますが、そのような形で製品化させて頂いた実例も多数ございます。
サンプル受領→見積→試作→ご評価→量産の流れを取らせて頂くのも一つの方法です

記事URL

建築に関わる設置工事についても対応できますか。

基本的に現地設置工事は対応していません。(但し、ユニット式のスポーツロッカーや防火衣ロッカー等、製品によっては現地据付工事をさせて頂く場合もございます。)
その代り運送会社と提携してきめ細やかな配送をさせて頂いております。お客様の倉庫に納品させて頂く場合や、工場ラインへタイムリーに供給させて頂く場合、現地へ時間指定でお届けさせて頂くことも対応可能です。是非、ご相談ください。

記事URL